スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

ウェディングドレスのスリーブライン[結婚式準備]

ドレスのポイントとなるスリーブラインについて代表的なものを紹介します。
(アメリカンスリーブ、パフスリーブ、パゴダスリーブ)

■ アメリカンスリーブ
首から大きく斜めにカットされ、広く肩が露出したデザイン。

肩が大きく開き、肩から腕にかけてのラインが美しい、
スタイリッシュなイメージです。

なで肩でもストラップがずれる心配がなく、
肩幅がしっかりしている人に似合います。

腕が細く長く見え、二の腕のカバー力にも期待できます。

アメリカンスリーブ


■ パフスリーブ
袖付けや袖口にギャザーやシャーリングを施し、
中間を膨らませたデザイン。

膨らんだ袖が可愛らしい印象を与えます。

なで肩やいかり肩などの悩みをカバーしてくれます。

パフスリーブ


■ バゴダスリーブ
袖の上部は細く腕にぴったりしていて、
肘の下から袖先にむけて広がっている袖のデザイン。

バゴダとは、東洋建築の「塔」のことで、仏塔のように
重なって広がる形状から、バゴダスリーブと呼ばれます。

フェミニンなイメージで、開いた袖のフリル部が可愛いです。
二の腕が気になる人にはもちろん、腕が細すぎる人にもおススメです。

パゴダスリーブ



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ ウェディングドレスの選び方 ≫ ウェディングドレスのスリーブライン

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

結婚式・ウェディング  ウェディングドレス  スリーブライン  アメリカンスリーブ・パフスリーブ・バゴダスリーブ 

| ウェディングドレスの比較と選び方 | 05:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

TRACKBACK URL

http://omede10.blog10.fc2.com/tb.php/72-9a55dba5

TRACKBACK
アルバイト求人探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。