スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

ダイヤの4C(クラリティ・カット)[婚約・結婚指輪の選び方]

■ ダイヤの4Cとは?
ダイヤの品質を表すものとして、Carat(キャラット)、Color(カラー)、
Clarity(クラリティ)、Cut(カット)の4つのグレードがあり、
この4つのグレードは一般的に ダイヤの4C と呼ばれています。

以降、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)のグレードをご紹介します。

■ Clarity(クラリティ)
クラリティはダイヤの透明度を表しています。
ダイヤに含まれる、内包物の数や状態によって評価されます。
この内包物が少ないほど評価は高くなります。

内包物が無いダイヤを「FL(フローレンス)」と評価し、
以下、「IF」、「VVS1」、「VVS2」、「VS1」、「VS2」、
「SI1」、「SI2」、「I1」、「I2」、「I3」、と評価は下がっていきます。

しかし、輝きに影響を与えない程度の内包物であれば、
ダイヤの美しさへの影響は大きくありません。

「I1」以下では、肉眼でも内包物を見つけることができるようになり、
「SI1」と「SI2」は10倍ルーペを使えば、内包物が発見できます。

「VS2」以上のダイヤであれば、10倍ルーペを使っても
内包物を発見することは非常に難しいと言われています。

しかし、実際のところは「VS2」の中には、
注意して見れば内包物の発見が可能なものもあるようです。

■ Cut(カット)
カットとは全体的なプロポーションと仕上げ状態を表しており、
ダイヤの輝きを引き出すうえで最も重要な要素です。

理想的なカットの状態では前面から入った光が全て底面で屈折し、
表面から放出されるため、内側から光輝いているように見えます。

理想のカット形状から遠のくほど、側面や底面から光が漏れ、
ダイヤの輝きが損なわれてしまいます。

仕上げ状態をポリッシュ(研磨状態)とシンメトリー(対称性)に分け
プロポーションを含めた、3項目について評価がされています。

「Excellent」を最高評価とし、「Very Good」、「Good」、
「Fair」、「Poor」と評価は下がっていきます。

3項目の全てが「Excellent」評価であるダイヤは「3Excellent(トリプルエクセレント)」と
評価される非常に価値の高いダイヤです。

■ Cut(カット)の H&C(ハート&キューピット)
3Excellentのダイヤの中には、特別なルーペを使うと
8つのハートと矢の形が見ることができるものがあります。

この様なダイヤは「H&C(ハート&キューピット)」
と呼ばれる価値の高いダイヤです。

通常3Excellentでは、「H&C」の現象が出ていますが、
中には「H&C」の出ないものも存在するので「3Excellent」を
選択する場合は、「H&C」が出ているかを確認しましょう。



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 婚約指輪&結婚指輪 ≫ ダイヤの4C(クラリティ・カット)

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

結婚式・ウェディング  婚約指輪・結婚指輪  ダイヤ  4C  カラット・カラー・クラリティ・カット 

| 婚約指輪・結婚指輪の比較と選び方 | 07:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

TRACKBACK URL

http://omede10.blog10.fc2.com/tb.php/54-2c172b8c

TRACKBACK
アルバイト求人探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。