スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

リングボーイ・フラワーガールの演出と進行[結婚式準備]

リングボーイ・フラワーガール・ベールガール、
それぞれの演出について紹介します。

■ リングボーイ・リングガール(リングべアラー)
リングボーイ・リングガールが登場するタイミングは、新郎入場後になります。

新郎が入場した後に、リングピローに載せた結婚指輪を
新郎もしくはベストマンのもとへ運びます。

万が一のことを考えるなら、指輪がリングピローから落ちてしまわないように、
指輪をピンで止めたり、リボンで結ぶなどの工夫をすると安心でしょう。

*ベストマン
結婚指輪や結婚証明書を運ぶなど挙式で新郎をサポートする人

■ フラワーガール
フラワーガールが登場する一般的なタイミングは、
リングボーイ入場後、新婦と新婦の父 が入場する前となります。
リングボーイと同じタイミングで入場する場合もあるようです。

花かごに入ったお花を播きながら、新婦と新婦の父を先導して歩きます。
フラワーガールは1人の必要は無く、2人以上でも問題無いようです。

2人以上を検討する場合は、式場(バージンロード)の広さから
窮屈そうにならないかを考慮したうえで決めると良いでしょう。

■ ベールガール(トレーンべアラー)
ベールガールが登場は、新婦と新婦の父が入場する時です。

新婦のベールまたはドレスの裾を持って後ろを歩きます。
ベールガールは1人もしくは2人で行うのが一般的です。

新婦はドレス姿で歩きにくいので、裾を持たれた状態では、
もっと歩きにくくなるかもしれないので、予め考慮しておきましょう。

バージンロードが短い場合、新婦の後ろを歩くベールガールは、
活躍の場面が非常に短くなるということも考えておきましょう。

■ バージンロードは父と2人で歩きたい
可愛い子供たちにも登場してほしいけど、バージンロードは父と2人であるきたい
こう考える場合は、以下のような流れにすると良いと思います。

①新郎入場後、所定の位置へ
②リングボーイとフラワーガール入場
③リングボーイはフラワーガールを先導し、フラワーガールは花を播きながら歩く
④リングボーイが指輪を渡し終えたら、フラワーガールと一緒に席へ移動
⑤新婦と新婦の父が入場し、2人でバージンロードを歩く(ベールガール無し)
(フラワーガールのみでも全く問題ありません)

この流れなら挙式の進行もスムーズだと思います。



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 挙式の演出 ≫ リングボーイ・フラワーガールの演出と進行

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

結婚式・ウェディング  結婚式の余興・演出  挙式の演出  リングボーイ・フラワーガール・ベールガール  リングピロー  バージンロード  教会式  人前式 

| 結婚式挙式の演出 | 00:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

TRACKBACK URL

http://omede10.blog10.fc2.com/tb.php/51-8f5b2f18

TRACKBACK
アルバイト求人探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。