スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

ブーケブートニア儀式の演出とは?[結婚式準備]

■ ブーケ、ブートニアとは?
ブーケとは花嫁が持っている花束、
ブートニアは花婿が胸に飾っている一輪の花飾りです。

人前式で人気のゲスト全員が参加できる演出、
「ブーケブートニア儀式の再現」についてご紹介します。

■ ブーケブートニアの由来
舞台は中世ヨーロッパ、ある青年と女性の物語。
2人は互いに愛し合う恋人でした。

ある日、青年は恋人にプロポーズをしようと決心し、恋人の元に向かいました。
その道のりには沢山の花が咲いており、青年はその花を摘み、花束(ブーケ)にしました。

恋人の元に着いた青年は、花束を恋人に渡し、プロポーズの言葉を伝えました。
「結婚しよう。これからもずっと2人で一緒にいよう」

女性は花束から抜き取った1輪の花を男性の襟元に挿して言いました。
「宜しくお願いします。2人で幸せになりましょう。」


ブーケブートニアの儀式とは、この中世ヨーロッパの物語を再現したものです。
(上記の物語には、一部私の想像した内容も含まれています)

■ ダーズンローズ(ブーケブートニアの詳細)
ダーズンローズとは、1ダース、つまり12本のバラのことです。
ブーケブートニアの言い伝えでは、男性が集めた花は、12本のバラと言われています。

12本のバラは、それぞれが意味を持っており、その意味は下記の通りです。
「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」

『これらを全てまとめてあなたに誓います』という想いで男性はダーズンローズを渡すのです。
この12本のバラからなる花束から抜き取り、男性の襟元に挿す一輪のバラは、
プロポーズを受ける女性が、最も大切にしたい意味を持っているバラだと言われています。

ちなみに、12月12日はダーズンローズの日、
バラの品種の中にはダーズンローズという名前のものがあるようです。

■ ブーケブートニア儀式の演出
上述の言い伝えにちなんで行われるのが、ブーケブートニアの演出です。

ゲストの何人かに花を持ってもらい、新郎が入場しながらその花を集めていきます。
そしてそれをブーケにして新婦に渡し、プロポーズを行います。
新婦は『YES』の返事として新郎にブートニアを一輪胸にさすというものです。

人前式形式の挙式で行われることが多いのですが、
披露宴の入場(特に中座後の再入場)にも適した演出と思います。



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 挙式の演出 ≫ ブーケブートニア儀式とは?

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

結婚式・ウェディング  結婚式の余興・演出  挙式の演出  ブーケブートニア  リングボーイ・フラワーガール・ベールガール  リングピロー  ダーズンローズ  人前式 

| 結婚式挙式の演出 | 17:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

TRACKBACK URL

http://omede10.blog10.fc2.com/tb.php/22-f31bfd06

TRACKBACK
アルバイト求人探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。