スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

おすすめダイヤの選び方[婚約・結婚指輪の選び方]

ダイヤの4Cの話を踏まえ、ダイヤのおすすめの選び方をご紹介します。
上手にダイヤの4Cと価格のバランスを取り、満足できるダイヤ選びしましょう。

婚約指輪・結婚指輪を選ぶ際に参考にして下さいね。

■ STEP1:指輪全体の雰囲気をつかむ
指輪全体の外観に最も影響があるのは、ダイヤの大きさ、すなわちキャラットです。
まずは価格を考えず、ダイヤの大きさとリング、指輪全体のバランスを考えると良いでしょう

その際には、実際に指にはめて最適な大きさを検討しましょう。

■ STEP2:ダイヤの輝きを重視する
ダイヤの最も大きな魅力である輝きは、カットグレードが高いほど美しさを増します。

ダイヤの魅力を損なわず、最大限に引き出すために、カットはできる限りグレードの
高いものをおすすめします。可能であれば「3ExcellentのH&C」がよいでしょう。

カットは、カラーやクラリティーよりもカットを優先すべきでしょう。
ただし、カラーもクラリティーも最低水準以上であれば、です。

■ STEP3:マイナス要素を無くす
カラーやクラリティはある程度のグレード以上であれば、
注意深く見ても、目で見てわかるほどの違いは無くなります。

カラーは「I」以下から、少しずつ黄色味を帯びていくのがわかり、「H」以上ではほとんど
色の違いはわからなくなります。しかし同じ「H」でも、僅かに色味のわかるものもあるようです。

よって、予算が厳しいようであればカラーは「H」、余裕があれば「G」以上をおすすめします。

クラリティは「SI2」以上であれば、肉眼で内包物を発見することが、ほぼできなくなります。
「VS1」以上であれば10倍ルーペでも、内包物を見つけることは極めて難しくなります。

「FL」と「IF」は希少価値が高く、非常に高価です。
また「VVS1」~「VS1」の違いは素人にはほとんどわからない、と言われています。

よって予算をぎりぎりまで落とすなら「SI2」、余裕があれば「VS1」をすすめます。

■ STEP4:高品質を求める
高品質のダイヤにこだわる場合には、以下の3通りのアプローチがあると思います。

(1)大きさ重視
指輪全体のバランスを崩さない程度に、できる限りキャラットの大きくするのも良いでしょう
ダイヤの見た目に最も影響がありますからね。

(2)希少価値の高さ
見た目よりも希少性にこだわり、クラリティの「FL」、「IF」を選ぶのもよいでしょう。

ただし価格は非常に高く「IF」は「VS1」の約2倍、
「FL」は「VS1」の約3.5倍くらいに跳ね上がると予想されます。

(3)最高級グレードという称号
最高級グレードは、クラリティの「FL」、カラーの「D」、カットの「3excellent H&C」です。

クラリティの「FL」は非常に高価なのですが、カットの「3Excellent H&C」、
カラーの「D」であれば、まだ手の届く価格範囲内かもしれません。

キャラットは小さくても、カットとカラーは最高級グレードにこだわり、
「小さいダイヤだけど、クラリティ以外のカットと最高級のダイヤなんだー♪」
と自己満足するのも良いのではないでしょうか?

ちなみに、我が家の指輪はこの様にして選びました。笑

■ STEP5:見積と予算と比較する
STEP1~4の手順に従い、見積と予算を比較しましょう。
次に、ダイヤ価格と4Cの関係をよく理解し、最後にダイヤの価格調整を行いましょう



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 婚約指輪&結婚指輪 ≫ おすすめダイヤの選び方

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| 婚約指輪・結婚指輪の比較と選び方 | 14:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

TRACKBACK URL

http://omede10.blog10.fc2.com/tb.php/17-1e38abf1

TRACKBACK
アルバイト求人探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。