スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

ゲストへの交通費・宿泊費の支払[結婚式準備]

結婚式ではゲストへの交通費・宿泊費の全額負担が普通なのか?についてです。
また、これらを検討するうえの注意点についてもご紹介します。

■ 新郎新婦側で全額負担しなければいけない?
招待客が結婚式場に来るまでに必要な交通費や、宿泊が必要な場合のその宿泊費は
新郎新婦側で負担するのが一般的なマナーとされているようです。

しかし、全ての招待客に必要な交通費の全額を数百円単位まで負担するのは、
金額面からも手間の面からもあまりに大変だと思われます。

また、新郎新婦側での負担が一般的なマナーとは考えられている一方で、
実際は、人によって何にどれだけの金額を負担するかはバラバラのようです。
つまり、万人に共通した正解があるわけではない、ということになります。

よって、一般的なマナーを知ったうえで、そのマナーから大きく外れない程度に
自分たちの状況に適切な金額を負担するのがベストではないでしょうか。

■ まずは交通手段と宿泊の有無を確認
招待客の皆さんが、結婚式場への移動する際にどのような方法を使うかを
事前に聞き込みしましょう。(車、電車、バス、タクシー、飛行機、etc)
そうしたうえで、移動に必要な費用を調べましょう。

また、遠方からの出席者の移動時間と、結婚式の開始・終了時間と見比べ、
前泊もしくは当日泊など、宿泊が必要となるかどうかを確認しましょう。

■ 事前連絡はとっても重要
遠方の方や宿泊が必要となる方にとっては、ご祝儀の支払も含めると、
多大な出費となってしまうため、どの程度の金額を負担してもらえるかは
非常に気になるところだと思います。

せっかくのお祝いごとだから、お金のことでセコイ考えをしたくないけど、
全て自己負担だと正直キツイ、そう考えてしまうのが大半ではないでしょうか。

招待客の皆さんに、このような不要な心配をさせないために、
どの程度の負担をするかを前もって伝えておくと良いでしょう。

結婚式への招待を行う際に、電話などで
「交通費は半額しか支払えないけど、もし、それでも良かったら出席してほしい」
などのように、前もって伝えておくことが大切でしょう。



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう


HOME ≫ 結婚式準備のスケジュール・段取り ≫ ゲストへの交通費・宿泊費の支払

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

結婚式・ウェディング  スケジュール・段取り  冠婚葬祭マナー  交通費・宿泊費  ゲスト・招待客・出席者 

| 結婚式準備スケジュール・段取り | 10:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

TRACKBACK URL

http://omede10.blog10.fc2.com/tb.php/13-27dbdef9

TRACKBACK
アルバイト求人探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。