スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

ダイヤの4C(クラリティ・カット)[婚約・結婚指輪の選び方]

■ ダイヤの4Cとは?
ダイヤの品質を表すものとして、Carat(キャラット)、Color(カラー)、
Clarity(クラリティ)、Cut(カット)の4つのグレードがあり、
この4つのグレードは一般的に ダイヤの4C と呼ばれています。

以降、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)のグレードをご紹介します。

■ Clarity(クラリティ)
クラリティはダイヤの透明度を表しています。
ダイヤに含まれる、内包物の数や状態によって評価されます。
この内包物が少ないほど評価は高くなります。

内包物が無いダイヤを「FL(フローレンス)」と評価し、
以下、「IF」、「VVS1」、「VVS2」、「VS1」、「VS2」、
「SI1」、「SI2」、「I1」、「I2」、「I3」、と評価は下がっていきます。

しかし、輝きに影響を与えない程度の内包物であれば、
ダイヤの美しさへの影響は大きくありません。

「I1」以下では、肉眼でも内包物を見つけることができるようになり、
「SI1」と「SI2」は10倍ルーペを使えば、内包物が発見できます。

「VS2」以上のダイヤであれば、10倍ルーペを使っても
内包物を発見することは非常に難しいと言われています。

しかし、実際のところは「VS2」の中には、
注意して見れば内包物の発見が可能なものもあるようです。

■ Cut(カット)
カットとは全体的なプロポーションと仕上げ状態を表しており、
ダイヤの輝きを引き出すうえで最も重要な要素です。

理想的なカットの状態では前面から入った光が全て底面で屈折し、
表面から放出されるため、内側から光輝いているように見えます。

理想のカット形状から遠のくほど、側面や底面から光が漏れ、
ダイヤの輝きが損なわれてしまいます。

仕上げ状態をポリッシュ(研磨状態)とシンメトリー(対称性)に分け
プロポーションを含めた、3項目について評価がされています。

「Excellent」を最高評価とし、「Very Good」、「Good」、
「Fair」、「Poor」と評価は下がっていきます。

3項目の全てが「Excellent」評価であるダイヤは「3Excellent(トリプルエクセレント)」と
評価される非常に価値の高いダイヤです。

■ Cut(カット)の H&C(ハート&キューピット)
3Excellentのダイヤの中には、特別なルーペを使うと
8つのハートと矢の形が見ることができるものがあります。

この様なダイヤは「H&C(ハート&キューピット)」
と呼ばれる価値の高いダイヤです。

通常3Excellentでは、「H&C」の現象が出ていますが、
中には「H&C」の出ないものも存在するので「3Excellent」を
選択する場合は、「H&C」が出ているかを確認しましょう。



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 婚約指輪&結婚指輪 ≫ ダイヤの4C(クラリティ・カット)

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

結婚式・ウェディング  婚約指輪・結婚指輪  ダイヤ  4C  カラット・カラー・クラリティ・カット 

| 婚約指輪・結婚指輪の比較と選び方 | 07:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

ダイヤの価格調整[婚約指輪&結婚指輪]

ダイヤを選ぶ最終段階「ダイヤの価格調整」の紹介です。
皆さんの状況に合わせた効果的な方法で調整しましょう。

結婚指輪・婚約指輪を選ぶ際の参考にして下さい。

■ 1:予算オーバーの場合
前ページにダイヤ選びのすすめを参考にしてカラー、クラリティを限界まで落としましょう。
それでも足りなければ、まずはカットを落とし最後にキャラットを小さくすると良いでしょう。

しかし、カットもキャラットと同様、見た目にわかりやすいので、どちらを優先するかは
実際の物をじっくりと見て、指輪全体のバランスを十分に考慮して結論を出しましょう。

■ 2:キャラットが大きい場合
キャラットが大きい場合、カットよりもカラーとクラリティを下げた方が効果的です。

なぜなら、キャラットが大きくなるほどカラーとクラリティーのグレードを下げると
価格を大きく下げることができるからです。

逆にカットグレード間の価格差はキャラットが大きさにあまり影響ないため、
小さ目のダイヤなら、カラーやクラリティよりもカットグレードを下げた方が
値段を落しやすいかもしれません。

ただし、カラーやクラリティよりもカットの方が見た目への影響が大きいということを
十分に考慮しておくことが必要です。

■ 3:小さくても良いものにしたい場合
キャラットが小さければ、カラーとクラリティを高くしても、価格はそれほど高くなません。
キャラットを小さくして、カラーとクラリティのグレードを高くするのも一つの手段でしょう。



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 婚約指輪&結婚指輪 ≫ ダイヤの価格調整

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

結婚式・ウェディング    婚約指輪・結婚指輪  ダイヤ  4C  カラット・カラー・クラリティ・カット  ダイヤの価格・値段 

| 婚約指輪・結婚指輪の比較と選び方 | 14:47 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

ダイヤ価格と4Cの関係[婚約指輪&結婚指輪]

ダイヤ4Cの各グレードが変化するとどのように価格が変わるか、グラフを用いて説明します。
ダイヤの価格調整の参考にして下さい。

以下の注意事項を必ず確認してから、読み進めて頂けるようお願いします。


<注意事項>
以下のグラフは、4Cと価格の関係性を表していますが、皆さんが購入する際の価格とは
一致しません。購入価格はお店や時期によって大きく変動するからです。

どのグレードをどれだけ変えると、価格調整に効果的かを知るためにご活用下さい。


クラリティとカラーのグレード間の価格差は、キャラットが大きくなるほど広がっていきます。
一方、カットのグレード間の価格差はキャラットが大きくなってもあまり変わりません。

では、実際に下のグラフを見て確認してみましょう。

color2
クラリティ「VVS1」、カット「3Ex H&C」での、カラーごとのキャラットと価格の関係です。
キャラットが大きいほど各グレードの間隔が広がり、価格差が大きくなっています。


clarity
カラー「D」、カット「3Ex H&C」での、クラリティごとのキャラットと価格の関係です。
キャラットが大きいほど各グレードの間隔が広がり、価格差が大きくなっています。


cut
カラ-「G」、クラリティ「SI1」での、カットごとのキャラットと価格の関係です。
*Ex:プロポーション「Excellent」、ポリッシュ or シンメトリー「Very Good」
キャラットが大きくてもカットグレードの間隔、つまり価格差に大きな変化はありません。



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 婚約指輪&結婚指輪 ≫ ダイヤ価格と4Cの関係

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

結婚式・ウェディング    婚約指輪・結婚指輪  ダイヤ  4C  カラット・カラー・クラリティ・カット  ダイヤの価格・値段 

| 婚約指輪・結婚指輪の比較と選び方 | 14:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

おすすめダイヤの選び方[婚約・結婚指輪の選び方]

ダイヤの4Cの話を踏まえ、ダイヤのおすすめの選び方をご紹介します。
上手にダイヤの4Cと価格のバランスを取り、満足できるダイヤ選びしましょう。

婚約指輪・結婚指輪を選ぶ際に参考にして下さいね。

■ STEP1:指輪全体の雰囲気をつかむ
指輪全体の外観に最も影響があるのは、ダイヤの大きさ、すなわちキャラットです。
まずは価格を考えず、ダイヤの大きさとリング、指輪全体のバランスを考えると良いでしょう

その際には、実際に指にはめて最適な大きさを検討しましょう。

■ STEP2:ダイヤの輝きを重視する
ダイヤの最も大きな魅力である輝きは、カットグレードが高いほど美しさを増します。

ダイヤの魅力を損なわず、最大限に引き出すために、カットはできる限りグレードの
高いものをおすすめします。可能であれば「3ExcellentのH&C」がよいでしょう。

カットは、カラーやクラリティーよりもカットを優先すべきでしょう。
ただし、カラーもクラリティーも最低水準以上であれば、です。

■ STEP3:マイナス要素を無くす
カラーやクラリティはある程度のグレード以上であれば、
注意深く見ても、目で見てわかるほどの違いは無くなります。

カラーは「I」以下から、少しずつ黄色味を帯びていくのがわかり、「H」以上ではほとんど
色の違いはわからなくなります。しかし同じ「H」でも、僅かに色味のわかるものもあるようです。

よって、予算が厳しいようであればカラーは「H」、余裕があれば「G」以上をおすすめします。

クラリティは「SI2」以上であれば、肉眼で内包物を発見することが、ほぼできなくなります。
「VS1」以上であれば10倍ルーペでも、内包物を見つけることは極めて難しくなります。

「FL」と「IF」は希少価値が高く、非常に高価です。
また「VVS1」~「VS1」の違いは素人にはほとんどわからない、と言われています。

よって予算をぎりぎりまで落とすなら「SI2」、余裕があれば「VS1」をすすめます。

■ STEP4:高品質を求める
高品質のダイヤにこだわる場合には、以下の3通りのアプローチがあると思います。

(1)大きさ重視
指輪全体のバランスを崩さない程度に、できる限りキャラットの大きくするのも良いでしょう
ダイヤの見た目に最も影響がありますからね。

(2)希少価値の高さ
見た目よりも希少性にこだわり、クラリティの「FL」、「IF」を選ぶのもよいでしょう。

ただし価格は非常に高く「IF」は「VS1」の約2倍、
「FL」は「VS1」の約3.5倍くらいに跳ね上がると予想されます。

(3)最高級グレードという称号
最高級グレードは、クラリティの「FL」、カラーの「D」、カットの「3excellent H&C」です。

クラリティの「FL」は非常に高価なのですが、カットの「3Excellent H&C」、
カラーの「D」であれば、まだ手の届く価格範囲内かもしれません。

キャラットは小さくても、カットとカラーは最高級グレードにこだわり、
「小さいダイヤだけど、クラリティ以外のカットと最高級のダイヤなんだー♪」
と自己満足するのも良いのではないでしょうか?

ちなみに、我が家の指輪はこの様にして選びました。笑

■ STEP5:見積と予算と比較する
STEP1~4の手順に従い、見積と予算を比較しましょう。
次に、ダイヤ価格と4Cの関係をよく理解し、最後にダイヤの価格調整を行いましょう



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 婚約指輪&結婚指輪 ≫ おすすめダイヤの選び方

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| 婚約指輪・結婚指輪の比較と選び方 | 14:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

ダイヤの4C(カラット・カラー)[婚約指輪&結婚指輪]

■ ダイヤの4Cとは?
婚約指輪・結婚指輪を選ぶうえで最も重要な要素の1つはダイヤの選び方です。
費用の大部分はダイヤが占め、外観への影響も非常に大きいからです。

このダイヤを選びの基準となる「ダイヤの4C」についてご紹介します。

ダイヤの品質を表すものとして、Carat(キャラット)、Color(カラー)、
Clarity(クラリティ)、Cut(カット)の4つのグレードがあり、
この4つのグレードは一般的に ダイヤの4C と呼ばれています。

以降、Carat(カラット・キャラット)、Color(カラー)のグレードをご紹介します。

■ Carat(キャラット)
キャラットはダイヤの重量を表し、キャラット数が大きくなるほどダイヤも大きくなります。
キャラットは4Cの中で、指輪全体の外観と価格に最も大きな影響を与えることになります。

0.3~0.5キャラットあたりが婚約指輪で人気のようです。

■ Color(カラー)
カラーはダイヤの色を表し、白色系のダイヤは無色に近いほど評価が高くなります。

「D」が無色の最高評価となり、黄色味を帯びてくるほど
「E」、「F」、「G」・・・・・、「Z」と低く評価されていきます。

「D」~「F」は無色、「G」~「J」はほぼ無色とされています。
しかし「H」以下からは、注意深く見ると、僅かではありますが
色の違いがわかるようになってくるようです。

「G」以上の差は、肉眼ではわからない程度のようです。

*注意
標準的な色と異なる明瞭なダイヤの色は、ファンシーカラーとして分類されています。
ファンシーカラーは色の鮮やかさ、深さで評価されます。



にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ  ブログランキング参加中です。
 応援クリックして頂けると励みになります。

 ← [参考]ソーシャルブックマークを活用しよう



HOME ≫ 婚約指輪&結婚指輪 ≫ ダイヤの4C(カラット・カラー)

この記事に含まれるタグ (Keyword) :

| 婚約指輪・結婚指輪の比較と選び方 | 12:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOPへ戻る↑

お問い合わせリンク・相互リンクユーザータグ一覧サイトマップsitemap.xml

アルバイト求人探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。